混合性難聴

混合性難聴は、伝音難聴と感音難聴の両方の症状が見られます。

Mixed hearing loss

混合性難聴とは?

混合性難聴は、伝音難聴と感音難聴の両方の症状が見られます。つまり、外耳または中耳、および内耳の両方に損傷がある難聴です。混合性難聴の程度は、軽度から重度に及びます。 混合性難聴の場合、音が小さく聞こえ、聴き取りが困難になることがあります。

原因は何ですか?

混合性難聴は、外耳または中耳の障害による伝音難聴と、内耳(蝸牛)または聴神経の障害による感音難聴の両方が組み合わさって起こります。感音難聴の原因となり得るものには、遺伝性、過度の騒音、特定の薬剤、加齢などが挙げられます。先天性欠損症、疾病、感染、腫瘍や腫瘤、および頭部外傷などはすべて、伝音難聴および感音難聴の双方の原因となリ得ます。

どのような症状ですか?

伝音難聴の要素が大きい場合は、あまり騒がしくない場所で、大きな声で話しかけられれば、内容を聴き取れることが多いです。感音難聴の要素が大きい場合は、大きな声で話しかけられても、聴こえづらいでしょう。

どのような治療法がありますか?

難聴の程度や、伝音難聴と感音難聴の要素の割合の違いによって、薬物療法、手術、補聴器や骨固定型補聴器の装用などの治療を行います。

Baha® 骨導聴力活用型インプラント システム(骨固定型補聴器)は、混合性難聴に効果的な治療法です。一般的な気導補聴器では、伝音難聴と感音難聴によって低下した聴力をそれぞれ補う必要があります。一方で、Bahaシステムは、外耳や中耳を介さずに、音の振動を内耳に直接届けることができるため、補う必要があるのは、感音難聴によって低下した聴力のみです。

研究でも、混合性難聴の方がBahaシステムを装用することで、話しことばの聴取成績が向上することが示されています。1,2

病院の先生に、どのような選択肢があるのかお話を聴いて、様々な情報を得た上で、治療方法を決めましょう。相談する先生が分からない場合は、お近くの病院をご紹介しますのでご連絡ください。あらゆる情報を入手することが、治療方法を決めるうえで最も大切になります。

 

Baha® システムについて

免責事項

難聴の治療については、医師にご相談ください。難聴の状態に応じたアドバイスを受けることができます。弊社製品はすべて、医師からの指示がなければ使用できません。

国によってはご利用になれない製品もあります。 詳細については日本コクレアまでお問い合わせください。

  1. Snik AF, Mylanus EA, Proops DW, Wolfaardt J, Hodgetts WA, Somers T, Niparko JK, Wazen JJ, Sterkers O, Cremers CW, Tjellström A. Consensus statements on the Baha system:Where do we stand at present?Ann Otol Rhinol Laryngol 2005 Dec;114(12) Suppl 195:1-12.
  2. de Wolf MJ, Hendrix S, Cremers CW, Snik AF.Better performance with Baha than acoustic devices in patients with severe air-bone gap.Laryngoscope.2011;121(3):613-6.