人工内耳

ご自身またはご家族が難聴で、補聴器の効果が十分に得られていない場合は、人工内耳が有効かもしれません。

Kenji_1_EXPORTS-4.jpg

ほとんどの場合、補聴器が機能するしくみは音量を大きくすることです。これとは異なり、人工内耳は耳の損傷部位を迂回して聴神経を直接刺激します。

これによって音が明瞭になり、会話がより理解できるようになります。また、社交の場でも自信を取り戻し、友達や家族とともに再び充実した生活が送れるようになります。

近年の研究によると、人工内耳の装用者は補聴器を使用していた時よりも、話された文章に対する理解力が8倍向上しました。1,2

免責事項

難聴の治療については、医療従事者にご相談ください。聴こえや結果は装用者によって異なりますので、医療従事者が装用結果に影響を及ぼす可能性のある要因についてアドバイスします。  使用については必ず取扱説明書をお読みください。国によっては販売されていない製品があります。製品情報については、お住まいの地域のコクレアの担当者にお問い合わせください。

コクレアが取得している商標の全リストは、利用規約ページにてご覧ください。

参考文献

  1. Gaylor JM, Raman G, Chung M, et al. Cochlear Implantation in Adults. A Systematic Review and Meta-analysis. JAMA Otolaryngol Head Neck Surg. 2013;139(3):265–272.
  2. Runge CL, Henion K, Tarima S, Beiter A, Zwolan TA. Clinical Outcomes of the CochlearTM Nucleus® 5 Cochlear Implant System and SmartSoundTM 2 Signal Processing. Journal of the American Academy of Audiology [Internet]. 2016 [cited 2018 Oct 25];(6):425.