伝音難聴

伝音難聴という用語は、外耳または中耳における難聴を指しています。

Conductive hearing loss

伝音難聴とは

伝音難聴は、何らかの原因で、音が外耳・中耳を通って内耳に到達することが妨害されるために起こります。ちょうど耳をふさいだ時のように、音が聞こえます。

原因は何ですか?

伝音難聴の原因はさまざまですが、中耳の感染症(中耳炎)、良性腫瘍(真珠腫)、鼓膜の損傷(鼓膜穿孔)、外傷、中耳・外耳奇形などがあげられます。

どのような症状ですか?

伝音難聴には、あまり騒がしくない場所で、大きな声で話しかけられれば、内容を聴き取れることが多いという傾向があります。補聴器が効果的なこともありますが、効果が不十分な場合もあります。

どのような治療法がありますか?

多くの伝音難聴の方には、補聴器が最初の選択肢になるかもしれません。しかし、難聴の程度が中度より重くなると、補聴器ではほとんど効果を得られない場合があります。また、耳の奇形などで、補聴器が装用できない方もいらっしゃいます。

正常に機能していない外耳や中耳に音を伝えるため、補聴器では、音を大きく増幅する必要があります。しかし、これが、音が歪んだり不明瞭に聞こえる原因になることがあります。伝音難聴は、耳の感染症とも関連がある場合があります。補聴器の使用によって感染症が悪化する可能性があり、そうなると補聴器の装用が困難になります。

伝音難聴でお悩みなら、Baha® 骨導聴力活用型インプラント システム(骨固定型補聴器) についての詳しい資料をご覧ください。Bahaシステムは、正常に機能していない外耳や中耳を介さず、頭がい骨を通じて、音の振動を内耳に伝えます。これは、自然な聴こえのしくみです。同じしくみで自分の声なども耳に届きます。

Baha® システムについて詳しく読む

免責事項

難聴の治療については、医師にご相談ください。難聴の状態に応じたアドバイスを受けることができます。弊社製品はすべて、医師からの指示がなければ使用できません。

国によってはご利用になれない製品もあります。 詳細については日本コクレアまでお問い合わせください。