聴こえの仕組み

コクレアの Nucleus サウンドプロセッサは、高度から重度の難聴の方に、最良の聴こえの成果をもたらすことを目的として設計されています。

Woman working in a lab

感音難聴の人の場合、音波は外耳および中耳の内部を効率良く伝達されます。ここまでは正常に聞こえる状態と同じですが、内耳に加わった損傷が原因となり、音声が小さくなりすぎて検出されなくなるか、または歪みすぎて認識されにくくなります。

補聴器とは異なり、人工内耳は内耳の損傷部分を迂回して、聴神経を刺激します。このとき、音波や振動を使用するのではなく、正確な電気信号を使用して聴神経を刺激します。

その仕組みを見ていきましょう。

正常な聴こえの仕組み

  1. 音波が外耳に入り、外耳道から鼓膜に伝わって、鼓膜を振動させます。
  2. 鼓膜の振動は、中耳を構成する 3 つの小骨に伝わり、これらの小骨が鼓膜の振動を内耳に伝えます。
  3. 内耳は蝸牛とも呼ばれ、振動を検出すると電気信号に変換します。
  4. 聴神経は、蝸牛から受け取った電気信号を脳に伝えます。これにより、脳がこれらの信号を音声と解釈します。

 

Demonstration of how hearing works

人工内耳からの聴こえ

  1. 体外装置であるサウンドプロセッサのマイクロホンが音を拾い、拾った音をデジタル信号に変換します。
  2. デジタル信号は、送信コイルを通じて皮膚の下にあるインプラントに送られます。
  3. インプラントは、受信したデジタル信号を電気信号に変換し、蝸牛に挿入されている電極に送ります。
  4. インプラントの電極が蝸牛の聴神経を刺激し、この刺激が脳に送られて、音として認識されます。

 

How it works - With a Cochlear implant Nucleus 7

 

免責事項

難聴の治療については、医師にご相談ください。難聴の状態に応じたアドバイスを受けることができます。弊社製品はすべて、医師からの指示がなければ使用できません。

国によってはご利用になれない製品もあります。 詳細については日本コクレアまでお問い合わせください。