難聴の影響

難聴の検査、診断、治療が早ければ早いほど、お子さまの能力を開花させるチャンスが大きくなります。

Boy playing with blocks

お子さまへの難聴の影響

文化や国にかかわらず、難聴を治療しないでおくと、子どもの言語や会話の発達、コミュニケーション、さらには認知能力にまで遅れが生じる可能性があります。 そのことが、孤立や低い自己評価、学習困難、行動障がいの原因となります1。難聴の発症が早ければ早いほど、治療しないでおくと、子どもの発達に対する影響はより深刻になります。 同様に、難聴を見つけて治療が始めるのが早ければ早いほど、子どもの発達への最終的な影響は小さくなります。

一瞬一瞬が重要です

無駄にできる時間は少しもありません。 難聴の検査、診断、治療が早ければ早いほど、お子さまの会話能力や言語能力が開花するチャンスが大きくなります。 お子さまが普通学級に通い、先生やクラスメートと会話し、新しい友だちを作り、音の世界で安心感と自信をもつことができるように手助けするには、早期治療が最善の方法です。研究によると、生後 6 か月になる前に適切に補聴器を装用した子どもは、同年齢の健聴児と同等の言語能力を身につけることができます。2

次のステップは?

病院を受診し、お子さまにとって最善の治療法についてアドバイスを受けてください。 相談する先生がまだいない場合は、私たちが、最寄りの病院を探すお手伝いをします。 お子さまが難聴と診断されたら、できるだけ早く補聴器を装用させるべきです。 お子さまが少しでも音に接することができるようになり、インプラント手術が適切である場合には、その準備をすることができます。 補聴器の装用後は、家族中心の聴能訓練プログラムも開始すべきです。 今後、お子さまが聴こえと言語の発達に向けて進んでいくときには、保護者であるあなたが非常に重要な役割を担うことになります。 しかし、あなたができる最も重要なことは、行動に移すことだけです。 無駄にできる時間は少しもないということをどうか忘れないでください。

免責事項

難聴の治療については、医師にご相談ください。難聴の状態に応じたアドバイスを受けることができます。弊社製品はすべて、医師からの指示がなければ使用できません。

国によってはご利用になれない製品もあります。 詳細については日本コクレアまでお問い合わせください。

  1. Bidadi S, Nejadkazem M, Naderpour M. The relationship between chronic otitis media-induced hearing loss and the acquisition of social skills. Otolaryngol. head neck surg. 2008 Nov;139(5):665-70.
  2. American Speech and Hearing Association (ASHA) http://www.asha.org/public/hearing/treatment/child_aids.htm