職場での難聴

難聴を治療しないでおくと、仕事に深刻な影響を及ぼすことがあります。

Man and woman in suits walking

職場での難聴の影響

突然発症した難聴でも、徐々に発症した難聴でも、そのままにしておくと、職業人生に大きく影響することがあります。 職場の会議に参加したり、騒がしい社会的環境で同僚の声を聴いたりするのが難しくなることがあります。 集中するのが以前より困難になり、会話がぎこちなくなったことに気づき、そのことで恥ずかしさ、怒り、苛立ちを感じることもあるでしょう。 一日中、聴き取ろうと緊張していると、イライラしたり疲れたりすることがあり、不安や抑うつ状態が続くことさえあります。 新しいプロジェクトを引き受けたり、昇進を望んだり、同僚とつきあったりする自信がなくなることもあります。 難聴で、親しい人たちとの関係に悪影響が生じ、それが仕事の業績に影響することもあります。

しかし、心強いことに、難聴には、実績のある効果的な治療法があります。 行動することで、聴こえを回復できるだけでなく、仕事と人生全般で自信と楽しさも取り戻すことができます。

素早い行動が大切な理由

無駄にする時間はありません。 これまでの人生をずっと難聴とともに生活していたとしても、治療を遅らせると、あなたの職歴と人間関係が制約されるだけしょう。 実際は、日常生活で感じる具体的な不便さよりもむしろ、あなたの自尊心や、人とのお付き合いに対する難聴の影響の方が、はるかに大きいかもしれません。 早く行動すればするほど、それだけ早く、聴こえの世界のすべての喜びとチャンスがあなたの人生に早く訪れます。 つまり、会議に貢献したり、同僚とうまくコミュニケーションをとったり、わくわくする新たな職業目標に取り組んだりすることができるようになるのです。 聴こえを取り戻すことのメリットは、職場もはるかに超えて広がるでしょう。 電話での友人や家族との会話。ざわついたディナーの席での会話。ラジオから流れる好きな曲に合わせて歌う。これらが可能になった様子を想像してみてください。

次の段階へ

あなたに最適な治療法について話し合うために、病院の先生にご相談ください。 相談する先生がまだいない場合は、私たちが、最寄りの 病院を検索するお手伝いをします。 また、世界のどこにいても、あなたが経験していることをよく理解してくれる方々と知り合えるコミュニティとネットワークがあります。難聴の治療について自身の経験からアドバイスができ、あなたの良き相談相手となってくださる方を是非見つけてください。

 

免責事項

難聴の治療については、病院の先生にご相談ください。難聴の状態に応じたアドバイスを受けることができます。弊社製品はすべて、病院の先生からの指示がなければ使用できません。

国によってはご利用になれない製品もあります。 詳細については日本コクレアまでお問い合わせください。