Nucleus 7 サウンドプロセッサを装用して旅行する

以下に、Cochlear Nucleus 7 サウンドプロセッサを装用して旅行する場合のよくあるご質問への回答を紹介します。

  • 旅行の際は何を持っていく必要がありますか?

    旅行に出かけるときは、サウンドプロセッサまたはマップに関するサポートが必要なった場合に備えて計画を立てておきます。

    • 予備のサウンドプロセッサをお持ちの場合はそれを携行し、最新のマップでプログラムされていることを確認してください。
    • 予備の電池。
    • コクレア充電器。
    • 基本的な予備の部品。
    • 最新マップのコピー (担当の医師または医療従事者に印刷してもらってください)。
    • 緊急のサポートが必要になった場合は、弊社が提供するオンラインで最寄の病院を検索する機能を使用して、旅行先の病院を検索することができます。
    • プロセッサのドキュメントパックに一緒に梱包されている人工内耳装用者カード。

    サウンドプロセッサの紛失や偶発的な破損に対処できるように、一部の国では保険またはサービス契約などのオプションが用意されています。詳細については、日本コクレアまでお問い合わせください。

  • サウンドプロセッサを装用していることで、空港のセキュリティを通過する際に何らかの問題が発生しますか?

    通常は発生しません。セキュリティ担当者から声をかけられた場合に備え、サウンドプロセッサの電源は入れたままにしてください。テレコイル(T)設定にしてサウンドプロセッサを装用している場合はブーンという異音が聞こえることがありますが、無害な電磁干渉によるものです。お子さまがプロセッサを装用している場合は、空港のセキュリティを通過する前に電源を切っておくことで、ブーンという異音が聞こえないようにすることができます。

    セキュリティ担当者には人工内耳装用者カードを見せ、聴覚を補うために体内に医療機器を埋め込んでいることを説明します。サウンドプロセッサは、体内に埋め込まれた医療機器とともに装用する必要がある補聴装置であることを伝えてください。

  • 飛行機に搭乗するときは予備のサウンドプロセッサをどのように扱う必要がありますか?

    予備のサウンドプロセッサの電源を切って機内持ち込み用バッグの中に入れ、空港のセキュリティではバッグをコンベヤベルトに載せます。サウンドプロセッサをコンベヤベルトに直接載せないでください。表面に静電気が帯電して、マップが破損する可能性があります。サウンドプロセッサの電源を切っておけば、X 線装置がマップに影響を与えることはありません。

    注記:機内持ち込み荷物の検査には低レベルの X 線が使用されます。この X 線がサウンドプロセッサまたはマップに害を与えることはありません。予備のサウンドプロセッサは、預け荷物の中に入れないでください。機器の損傷を招く X 線にさらされる可能性があります。

  • 金属探知機が鳴ってしまった場合は、どうすればよいですか?

    探知機が鳴り、セキュリティ担当者から手持ち式の探知機による検査を受けた場合でも心配する必要はありません。このような探知機が人工内耳インプラントに害を与えることはありませんが、サウンドプロセッサを探知機でかざすとアラーム音が鳴ります。セキュリティ担当者には人工内耳装用者カードを見せ、聴覚を補うために体内に医療機器を埋め込んでいることを説明します。サウンドプロセッサは、体内に埋め込まれた医療機器とともに装用する必要がある聴覚機器であることを伝えてください。

  • 機内では人工内耳を装用していること、または難聴であることを誰かに伝える必要がありますか?

    お使いのサウンドプロセッサは医療用の携帯型電子機器とみなされます。そのため、機内の乗務員に人工内耳システムを装用していることを伝えてく必要があります。事前に伝えておくことで、乗務員はサウンドプロセッサの電源を切る必要がある場合などの安全対策を装用者に指示することができます。

  • 人工内耳から飛行機のナビゲーション機器に干渉する信号が発信されることはありますか?

    いいえ、人工内耳が飛行機のナビゲーションシステムや通信システムに干渉することはありません。人工内耳は無線 (RF) 信号を発信しますが、到達する範囲は非常に狭く、体外の送信コイルから 5 フィート (約 1.5 メートル) 未満の距離に限られます。

    航空会社の規則によっては、サウンドプロセッサを機内モードに設定する必要があります。Nucleus 7 サウンドプロセッサを機内モードに設定する方法については、『Nucleus 7 サウンドプロセッサ取扱説明書』を参照してください。

  • 機内で音楽を聴いたり映画を視聴したりするにはどうすればよいですか?

    飛行機のオーディオシステムには、複数の方法でアクセスできます。その 1 つが、True Wireless™ アクセサリのミニマイクロホンを使用する方法です。飛行機にオーディオ出力ソケットが付いている場合は、ミニマイクロホンに付属のケーブルを差し込むことができます。

    エンターテインメントシステムへの接続については、旅行前に航空会社に問い合わせてください。航空会社のシステムで 2 極または 3 極のソケットが使用されている場合は、電子機器店からアダプタを購入する必要があります。

    航空会社の規則によりサウンドプロセッサを機内モードに設定する必要がある場合は、True Wireless™ アクセサリ、Made for iPhone によるストリーミング、CR310 リモートコントロールを使用できない点に注意してください。

免責事項

難聴の治療については、医師にご相談ください。難聴の状態に応じたアドバイスを受けることができます。弊社製品はすべて、医師からの指示がなければ使用できません。

国によってはご利用になれない製品もあります。 詳細については日本コクレアまでお問い合わせください。

 

販売名: Nucleus 7 サウンドプロセッサ

承認番号: 23000BZX00310000