会話する

Women playing cards together

人工内耳装用者の多くは、複数人の中でもスムーズに会話ができますが、中には難しさを感じる方もいらっしゃるようです。ちょっとした工夫で、気軽に会話に参加できるようになることがあります。そうしたヒントをご紹介しましょう。

  • 必ず定期的にマイクロホンカバーを交換してください。
  • 可能であれば、教会、コンサート会場、劇場などの施設ではテレコイルを使用してください。施設によっては、誘導ループやネックループを貸し出しているところもあります。テレコイルの起動方法について詳しくは、こちらを参照してください。
  • 新しい電池を使用してください。コクレアは、システムに付属している充電池、または PowerOne Plus P675 空気亜鉛電池の使用をお勧めします。コクレアの推奨電池について詳しくは、こちらを参照してください。
  • 数人の人がいる静かな会議室では、それぞれの人の話し声が聴き取れるように感度を上げてください。
  • 騒がしい環境では、背景雑音を減らすために感度を下げてください。
  • 多くの人が集まるレストランでは、より静かな環境を確保するために、お店の人に頼んで隅のテーブルやブース席に案内してもらってください。
  • 優先席がある場合は、案内してもらってください。最適な場所は人によって違います。すべての人の顔がよく見えるようにテーブルの端に座ることを好む人もいます。また、特に両側装用者の場合、周囲のすべての人の話を聴き取れるように、テーブルの中央に座りたいと思う人もいます。
  • 会議や講義が予定されている場合は、事前に議題、概要、プレゼンテーション内容などを書面で提出してもらうようにします。
  • グループの人に一度に 1 人ずつ話すようにしてもらって、互いの発言が重なったり、途中で発言を遮ることのないようにしてもらいます。
  • 聞き返す場合は、「何?」と聞くのではなく、「もう一度お話しいただけますか?」と丁寧に頼みます。
  • 可能であれば、バックグラウンドミュージックの音量を下げてもらうか、オフにしてもらいます。
  • 送風機、通気口、騒音の出る機械の側に座ったり立ったりしないようにします。
  • 会話を始める際には、聴き取るべき単語を予測できるように、グループの人に会話の話題を聞いておきます。たとえば、友だちが最近受けた就職面接試験について話しているとすると、「上司、給与、雇用、履歴書」などの単語が出てくることが予想できます。
  • 学校では、多くのグループが一度に話して騒がしくなる状況を避けるために、あなたのグループがホールやその他の静かな部屋で勉強できないかどうか、先生に聞いてみましょう。

会話用のアクセサリについて詳しくはこちらを参照してください。 

よくある質問を確認してください。