Baha® の適応について

難聴のタイプが伝音性難聴または混合性難聴であると、Baha® は有効な選択肢となり得ます。

Baha solutions for everyone

Baha® は多くの難聴の方々のお役に立っていますが、まだ Baha によって聴力が改善することをご存じでない方も多くいらっしゃいます。Baha が適切な治療法であるかどうかを見極めるには、まず難聴の原因を知ることが重要です。

外耳もしくは中耳に問題がある場合

伝音性難聴は、外耳および中耳から内耳へ音波が通過する際に、音波が妨害されてしまうために起こります。伝音性難聴では、会話は理解できるものの、背景雑音がほどほどの場合で、相手の声が十分に大きい場合に限られるという傾向があります。

外耳や中耳の問題がある部分に何とか音を通すのではなく、Baha は音の経路を変更して直接内耳へ伝えます。

  • これにより、周りがにぎやかな状況でもよく聴こえるようになります。
  • 問題の部分を介さないため、必要な増幅が減少し、より明瞭で自然な音声が聴こえるようになります。
  • 30 年以上の実績によって証明されている効果的な治療法です。

 

Conductive hearing loss

ご自身、またはご家族の聴こえの状態にあてはまりましたか?

難聴タイプが前述の説明にあてはまるようであれば、Baha が有効な治療法である可能性があります。

ただし、伝音性難聴は内耳性の難聴も患っていることがあるため、注意が必要です。(このタイプの難聴は混合性難聴と呼ばれます。)内耳性の難聴の程度により、Baha の適応となるかどうかが決まります。

病院の先生とよく相談し、すべての情報や選択肢を得た上で適切な決定を行ってください。どこに相談に行けば分からない場合は、コクレアにお問い合わせください。決断を下すときに最も大切なことは、あらゆる情報を手に入れることです。

免責条項

免責事項

難聴の治療については、医師にご相談ください。難聴の状態に応じたアドバイスを受けることができます。弊社製品はすべて、医師からの指示がなければ使用できません。

国によってはご利用になれない製品もあります。 詳細については日本コクレアまでお問い合わせください。