難聴の兆候

コミュニケーションの発達段階について知っていると、難聴の兆候を早期に認識できるようになります。

Three boys playing with toys

赤ちゃんは、生まれてから数ヶ月もすると、声のリズムや抑揚を聴き分けたり、認識したりするようになります。 また、話しかけられると「アー」「ウー」などといった声(クーイング)でよく反応します。 赤ちゃんの聴こえに問題がある場合、そのままにしておくと、話し言葉を学ぶ力に大きく影響してきます。 さらには、学校生活、教育、就職の可能性、全般的な生活の質にも関わってきます。 赤ちゃんのコミュニケーションは、一般的に次のように発達していきます。難聴の兆候を見落とさないための参考にしてみてください。 お子さまの言語発達に関して心配事があれば、病院の先生に相談して、聴力検査を受けてください。

正常な聴こえの赤ちゃんの音への反応

  • 生後すぐ…突然の大きな音にびっくりしたような反応を示す。 音がする方向に顔を向けることもある。
  • 生後 2 か月頃…聴力が向上し、声の高さ、大きさ、調子などの違いを聴き分けることができるようになる。
  • 生後3~4 か月頃…両親の声が分かり、子音(/m/, /k/, /g/, /p/, /b/)や母音を発声できるようになる。
  • 生後5~6 か月頃 …声を出して笑ったり、 喃語(なんご)が言葉のように聞こえるようになる。
  • 生後8~9 か月頃 …言葉と身振りの結びつきが分かるようになる。(例:「バイバイ」と言われると手を振る)
  • 生後11~12 か月頃 …簡単な言葉(「牛乳」「ビン」「お風呂」など)の意味が分かるようになる。「ママ」や「バイバイ」などと言えるようになる。

赤ちゃんが精密聴力検査を受けなければならない場合:

  • 新生児聴覚スクリーニング検査で要再検査になった。
  • 新生児聴覚スクリーニング検査を受けなかった。
  • 上記のような発達が見られない。

子どもが精密聴力検査を受けなければならない場合:

  • 話しかけても反応しない。または、話しかけられていることに気付かない。
  • 聴き返しが多い(年齢が高い子ども)。
  • 音がする方向が分からず、キョロキョロする。
  • 同年齢の子どもより、話し始めるのが遅い(学校の先生から指摘されたことがある等)。
  • 言葉や文章を正しく言うことができない。
  • 複数の人が話していると、そのうちの一人の声を聴き分けることが難しい。
  • 早口で話されたことや、小さな音を聴き逃す。
  • 学校の成績が思わしくない。

あらゆる年齢の子どもで精密聴力検査を受けなければならない場合:

  • 聴き返しが多い(年齢が高い子ども)。
  • 難聴の原因になる病気にかかったことがある。
  • 難聴を伴うことがある疾患と診断されたことがある。
  • 副作用として難聴になる可能性がある治療を受けていた。
  • 難聴の家系である。(難聴は遺伝するものがある)

難聴の子どもに多く見られる傾向

  • 悲しむ…なぜ叱られているのか分からない。
  • 怒る・イライラする… 声が聞こえない。コミュニケーションが図れない。
  • 内気になる…普段身近にいない人と話す時は特に、相手の言うことが分かりづらい。
  • 学校で引っ込み思案になる…先生の話が聞こえない。指示が分からない。
  • 疲れる…「聴く」ことに集中力が必要なため、1 日の終わりにぐったり疲れてしまう。
  • 問題行動…よく聞こえない苛立ちから、問題行動を起こすことがある。しかし、問題行動が目立ち、難聴を見落とすことがある。
  • 低い自己評価…難聴であることを知らない場合、まわりの人や友だちに認知的発達が遅れていると誤解されることがあり、本人も自分には能力がなく、友だちができることが自分にはできないと思い込んでしまうことがある。

 

お子さまに聴こえの問題があるとお考えの場合は、最寄りの病院に相談してください。

免責事項

難聴の治療については、病院の先生にご相談ください。難聴の状態に応じたアドバイスを受けることができます。弊社製品はすべて、病院の先生からの指示がなければ使用できません。

国によってはご利用になれない製品もあります。 詳細については日本コクレアまでお問い合わせください。