マリーの体験談

マリーは、コクレアの進化するテクノロジーから恩恵を受けています。

Nucleus 5 recipient Marie crema

出産関連の合併症のために高度難聴となったマリーは、4 歳4か月になるまで補聴器を使用していたが、その効果にはむらがあったと、マリーのお母さんは言います。  その年、言語を覚えるのに必須の期間を逃さないために、マリーは最初の人工内耳を装用しました。 マリーのお母さんによると、6 か月以内に、マリーは長いフレーズをはっきりと話すようになりました。それ以来、会話と言語は進歩し続けました。 10 歳の時、マリーは、もう一方の耳にも 人工内耳を装用しました。

テクノロジーの急速な進歩とともに、マリーの聴こえも年々向上していると、マリーとお母さんは言っています。 マリーは、埋め込んだインプラントはそのままで、サウンドプロセッサを何回もアップグレードしています。

マリーは、「クリアではっきりした音」を楽しんでいるとともに、様々なプログラムを使用して、様々な場面で会話を良く理解できるようになったと言います。

リモートアシスタントについて、マリーは最初信頼していませんでしたが、現在では、便利さと効率のよさが気に入っており、聴こえのコントロールが簡単になったと言っています。 

マリーの体験談からもお分かりいただけるように、コクレアは、聴こえへの道のすべてのステップをサポートします。

 

免責事項

難聴の治療については、医師にご相談ください。難聴の状態に応じたアドバイスを受けることができます。弊社製品はすべて、医師からの指示がなければ使用できません。

国によってはご利用になれない製品もあります。 詳細については日本コクレアまでお問い合わせください。