第2章:よちよち歩きの子どもとの遊び方・話しかけ方

第2章「よちよち歩きの子どもとの遊び方・話しかけ方」では、生後16ヶ月から30ヶ月の子どもが発達していく様子を紹介します。 この時期は、言語の理解が深まります。 両親は、明瞭で正確な言葉の手本を示す必要があります。 子どもは聴くことを通してさらに多くの言葉を理解し、自分の欲しいものや要求を伝えようとし始めます。 ジャーゴン(他者には分からないような言葉でむにゃむにゃと話すこと)から一語文、簡単な文の使用へと発達していき、 さらに、ニ語文や三語文を使うようになります。 この章では、4人の子どもたちが親と一緒に聴こえ、言語、スピーチ(発声・発語)、認知(思考)を発達させていく様子を紹介しています。