2 台の人工内耳の使用

両側人工内耳についてのよくある質問にお答えします。

  • 人工内耳を同時に 2 台埋め込む必要がありますか?

    人工内耳の両側装用者には、1 回の手術で両方に機器を埋め込む方もいらっしゃいますが、後から別途手術を行って 2 台目を埋め込む方もいらっしゃいます。さまざまな理由によって、装用者にどういった方法が適しているかが変わってきます。お客様の言語聴覚士および人工内耳のインプラント手術執刀医にご相談の上、どの方法が適切かをご判断ください。

  • 2 台目の人工内耳を私自身や子どものために検討する必要があるのはなぜでしょうか?

    2 台めの人工内耳を使うことにより、教室、会議室、レストランといった多くの人が集う騒がしい場所など、聴き取りにくい状況において聴こえが向上することがあります。人工内耳の両側装用の利点には、位置特定能力の向上、常に片方の耳を音源の近くに合わせられること、騒がしい環境における音声認識の改善などのほかに、主観的で質的な利点があります1-2。2 台めの人工内耳を使うことにより、聴き取りにくい状況においてお子さまの聴こえが向上することがあります。研究により、片耳のみ聴覚障害のある子どもたちの一部は、教室で聴き取りにくさや学びにくさを経験しますが、両耳からの聴こえを得ることにより、多くの場合学習と生活の質が向上することがわかっています3-4

  • 1 台目の人工内耳を埋め込んだ後、2 台目はいつごろ埋め込むべきでしょうか?

    答えはただ 1 つ、「できるだけ早く」ということです。多くの人が 1 台目の人工内耳によって聴こえやすさの向上を実感するため、2 台目の装用をすぐには検討しません。しかし、2 台の人工内耳を時間を置かずに、または同時に埋め込んだ方が、脳の適応が早くなります。片耳に頼る傾向をなくすとともに、聴性治療も少なくてすむ場合があります。子どもにとっては、両側の耳と聴覚経路を同時に発達させることができるようになるため、成長期の極めて重要な時間を最大限活用できることになります3。人によっては、1 台の人口内耳と 1 台の補聴器を使って両耳の聴こえやすさを十分に達成できる場合もあります。しかし、片耳に人工内耳を使用している多くの人が、インプラントのない方の耳に補聴器を装用しただけでは、かつて得ていたような両耳の聴こえやすさはもう得られないと感じるようになっています。このように感じられるようになったら、1 台目の人工内耳から数年経過していたとしても、2 台目の人工内耳を検討すべきです。

  • 2 台目の人工内耳を埋め込んだ場合、その利点が感じられるまでどのくらいかかりますか?

    2 台目の人工内耳にスイッチを入れた後すぐに聴こえが良くなっていることを実感する両側装用者の方もいらっしゃいますが、徐々に改善を感じる方もいらっしゃいます。お客様の体験はお客様独自のものであり、聴覚障害の期間や人工内耳または補聴器の使用歴などの要因によって異なる可能性があります。

  • 2 台目の人工内耳を埋め込む場合、どのようなリスクがありますか?

    人工内耳インプラントを一側のみに埋め込む場合と同様に、両側に埋め込む場合も、手術のリスクは非常に低いです。コクレア社の人工内耳インプラントは蝸牛の繊細な構造を最大限に保護します。これらのインプラントは高い評価を受けています。両側装用については、病院の先生にご相談ください。

  • 人工内耳を既に 1 台装用しています。2 台目とうまく相性が合うでしょうか?

    2 台目の人工内耳システムの選択も、1 台目と同様です。つまり、最適な聴こえと安心を得ることを目的としています。人工内耳の極めて高い信頼性や、ライフスタイルに合わせた最新のサウンドプロセッサ技術へのアップグレードが、それらを実現します。たとえば、最も簡単で可能な方法として、両耳の聴こえの潜在能力を最大限に引き出すために、1 つめのサウンドプロセッサのアップグレードを希望することができます。

  • 両側に人工内耳を装用した場合、どのようなリハビリが必要ですか?

    人工内耳を装用する子どもや成人にとって、人工内耳が 1 台か 2 台かにかかわらず、継続的な聴性、音声および言語の治療を受けることは非常に重要です。療法士は、さまざまな音を聞かせる、音が聞こえる方向を変えてみるなどの方法をプログラムに組み入れるなどして、いろいろなリハビリ手法を試します。

免責事項

免責事項

難聴の治療については、医師にご相談ください。難聴の状態に応じたアドバイスを受けることができます。弊社製品はすべて、医師からの指示がなければ使用できません。

国によってはご利用になれない製品もあります。 詳細については日本コクレアまでお問い合わせください。

脚注

  1. Gantz, B.J., Tyler, R.S., Rubenstein, J.T., et al. (2002). Binaural cochlear implants placed during the same operation. Otol. Neurotol., 23(2): 169-180.
  2. Marvin, L., Chute, P.M., Rapoza, K. (2007) Speech Changes in Adults with bilateral and unilateral cochlear implants. Presented at 11th International Conference on Cochlear Implants in Children. April 2007 Charlotte, NC Clearer. Fuller.
  3. Litovsky, RY. Cochlear Whitepaper. Binaural Hearing.
  4. Litovsky, RY. Potential Advantages from Bilateral Cochlear Implants.
  5. MRI approval varies by market. Please refer to your local clinic or Cochlear office for more information.