アップグレードに関してよくあるご質問

Cochlear™ Nucleus® 6 (コクレア® ニュークレアス 6)人工内耳システムへのアップグレードに関して、よくあるご質問にお答えします。

  • 私のインプラントは、Nucleus 6 人工内耳システムへのアップグレードに対応していますか?

    現在、Nucleus 6 システムへのアップグレードが可能なのは、次のシリーズのインプラントを装用している方です: (全てのインプラント)CI422、CI24RE、CI24R、CI24M、CI22M。

  • Nucleus 6 システムのどちらのサウンドプロセッサが私に適していますか?

    Nucleus 6 システムにアップグレードする際は、ライフスタイルに合わせて、2つのタイプのサウンドプロセッサからお選びいただけます。

    CP910 サウンドプロセッサには、アクセサリソケットが付いているため、オーディオ接続ケーブルを使ってiPodなどの電子機器に直接接続したり、モニタイヤホンを使ってサウンドプロセッサのマイクロホンが拾った音を健聴者が確認したりすることができます。また、アクセサリソケットにFM補聴システムの受信器などを差し込むこともできます。

    CP920 サウンドプロセッサはCP910 よりも小さくて、軽いタイプです。
    アドバイス: CP920サウンドプロセッサでは、ケーブルなどを差し込んで接続するアクセサリは使用できません。

    どちらのタイプのサウンドプロセッサにも、押しやすくなったボタン、改良された送信コイル、オートFM、表示(LED)ランプ、その他の、便利にお使いいただくための特徴的な設計が採用されています。

    ワイヤレスアクセサリはどちらのサウンドプロセッサとも一緒にご使用できます。ワイヤレスアクセサリについてもっと詳しく

  • どんな色がありますか?

    Nucleus 6 サウンドプロセッサは、髪や肌になじむ色からお選びいただけます。

    黒、ベージュ、茶、グレーの4色があります。

    サウンドプロセッサカバーとコイルカバーは12種類の色やデザインからお選びいただけます。

    詳細については、「アクセサリ」のページをご覧ください。

  • Nucleus 6 システムでは、充電池を使えますか?

    はい。充電池をお使いいただけます。Nucleus 6 人工内耳システムのセットには充電池と充電器および充電キットが入っています。付属する充電池はお選びいただくセットによって異なります。
    CP910標準セット: スタンダード充電池2個、コンパクト充電池1個
    CP920標準セット: スタンダード充電池1個、コンパクト充電池2個
    CP910シンプルセット: スタンダード充電池2個
    CP920シンプルセット: コンパクト充電池2個
    CP910両側装用者様向けセット: スタンダード充電池2個
    CP920両側装用者様向けセット: コンパクト充電池2個
    N22インプラント装用者様向け用全セット: スタンダード充電池4個
     

  • スタンダード充電池とコンパクト充電池のどちらが私に適していますか?

    スタンダード充電池とコンパクト充電池のどちらを使用するべきかは、一人ひとりのサウンドプロセッサの設定、好み、ライフスタイルによって決まります。サウンドプロセッサの設定によりますが、スタンダード充電池の電池使用可能時間は最大31時間、コンパクト充電池の電池使用可能時間は最大18時間です。コンパクト充電池は、サウンドプロセッサの重さと大きさを低減したい時に最適です。まる一日以上充電をせずに過ごしたい時はスタンダード充電池をお使いいただくのが良いでしょう。また、N22インプラント装用者の方にはスタンダード電池のご使用をおすすめします。

  • データログ機能とは何ですか?

    サウンドプロセッサが毎日、どのように使われているかを記録する機能です。実際にどのように使われているのかがわかると、最適な聴こえを得るために役立ちます。

    昨日何をしたか、ましてや先月何をしたかを思い出すのは、なかなか難しいかもしれません。そのため、病院の先生に詳しい報告をする装用者様でさえも、聴こえを改善していくのに必要な詳細について報告できないことがよくあります。

    この問題に対処するため、コクレア社はNucleus 6 システムにデータログ機能を組み込みました。

    データログ機能は、装用者の記憶に頼らずにサウンドプロセッサが記録することで、聴こえの全体像をより詳しく描くことができます。データログ機能を活用すれば、以前はほとんど答えることができなかった以下のような質問にも、簡単に答えられます。

    • アクセサリは、どのような環境で、どのくらいの頻度で使用しましたか?
    • どのくらいの頻度で音量や感度を調整しましたか?
    • 騒がしい環境と静かな環境で、どのくらいの時間を過ごしましたか?

    サウンドプロセッサがどのように使用されたのか明確に表示されるため、病院の先生がそれぞれの装用者のニーズに合った適切な調整をするのに役立ちます。データログ機能があれば、病院の先生がサウンドプロセッサの使用状況を正確に把握でき、聴こえを最適にするためのカウンセリングと微調整ができるため、装用者は安心感が得られます。

  • Nucleus 6 システムにはリモートアシスタントがついていますか?

    はい。Nucleus 6 システムにはCR230 リモートアシスタントがついています。これは装用者がご自身で簡単な調整ができるように設計されました。さらに、ボタンを押すだけで、サウンドプロセッサがきちんと作動しているかどうかを確認できるため安心を得られます。電池の状態や、送信コイルが正しく装着されているかどうかを、サウンドプロセッサに触れることなく確認できます。

    また、CR210 リモートコントロールも別売でご用意しています。こちらは目立たないポケットサイズのリモコンで、音量、感度、テレコイルなどの簡単な設定を、サウンドプロセッサに触れることなく調整できます。

  • SmartSound® iQとは何ですか?なぜ必要なのですか?

    どの場所もそれぞれ異なっていて、そこに存在する音もそれぞれ異なります。静かな通りを歩いていた直後に、混み合ったレストランに足を踏み入れることもあります。音楽があふれるコンサートホールや歓声の沸くスタジアムに行くこともあります。Nucleus 6 システムのみに搭載されたSmartSound iQのおかげで、そのような環境すべてで、何も操作することなく、最適な聴こえが得られるようになります。

    SmartSound iQは、世界で最も賢い、完全に自動化された音声管理システムです。聴取環境を検知し、SCANプログラムによって最適な音声前処理技術を自動的に選択するため、常に最適な聴こえを得ているという安心が得られ、聴取環境を全く気にせずに過ごすことができます。

    以前のSmartSoundは多くの装用者の方にとって大変役立つ技術でしたが、装用者ご自身が現在いる聴取環境に合ったプログラムを手動で選択する必要がありました。以前のSmartSoundではプログラムの変更をしない装用者も大勢いらっしゃいました。

    例えば、特定のプログラムのみを使いたいので、設定を変えたくない、あるいは、元の設定に戻れなくなりそうなので設定を変更するのが怖いという装用者からの声がありました。また、時々プログラムを変更するが、聴取環境に最も適したプログラムを選ぶことができないとおっしゃる方もいました。プログラムを全く変更しない場合(または、適切ではないプログラムに変更してしまった場合)、最適な聴こえを得ることはできないかもしれません。

    このため、コクレアは自動でプログラムを変更できるスマートなシステムを開発しました。これにより、どんな聴取環境でも常に最適な聴こえが得られるようになりました。

  • Nucleus 6 サウンドプロセッサは防水仕様ですか?

    Nucleus 6 サウンドプロセッサは、国際保護等級IP57*の防水性を備え、さらにナノコーティング撥水加工により防汚性も向上しました。今まで以上に、水辺でも安心して装用していただけます。Hiv

    Nucleus 6 サウンドプロセッサは、Aqua+(アクアプラス)やアクア アクセサリと組み合わせて使うと、防水性能がIP68となり、プールや海などで水泳を楽しむことが可能になります。

    * 充電池使用時。Nucleus 6 サウンドプロセッサは、国際規格IEC60529に基づく防水・防塵の国際保護等級IP57を取得しています。IP57とは、サウンドプロセッサが水の飛沫から保護されるだけでなく、91.44 cm (3 feet)の深さの静水に最大30分間沈めることができる防水保護等級です。充電池使用時のみIP57となります。水泳をする場合はAqua+やアクアアクセサリをご使用ください。

  • Nucleus 6 システムは、ワイヤレスアクセサリに対応していますか?

    はい。病院でNucleus 6 システムとリモートアシスタントのファームウェアをアップグレードすれば、色々なワイヤレスアクセサリに無線接続して使用できるようになります。

    最近の世の中では、電子機器はコードやケーブルの時代が終わり、2.4 GHz帯のワイヤレス技術の時代に移行しつつあります。無線接続すれば、職場や家庭でごちゃごちゃした、手間のかかるケーブルを減らすことができます。ワイヤレス技術の進化によって、コードやケーブルから解放された、すっきりした暮らしが実現しつつあります。

    Nucleus 6 システムは、2.4 GHz帯を利用したワイヤレス技術の活用を進めていきます。

    煩わしいケーブル、ヘッドホン、その他の機器を首から下げる必要がなくなると、Bluetooth対応音楽プレイヤーなどの機器を気軽に活用できます。テレビ、ステレオ、GPSなどからの音声信号が、外部スピーカーを接続した時のように、直接サウンドプロセッサに伝送されます。Nucleus 6 システムには、他にも次のような新しい機能が搭載されているので、聴こえを調整するための面倒な操作を減らすことができます。

    オートFM: 授業中のお子さまや快適にFM補聴システムをお使いになりたい成人にぴったりのオートFMは、Nucleus 6 システムが教室や会議室のFM補聴システムを検知して自動的にFM機能に切り替える便利な機能です。先生や講演者などがFM補聴システムを通して話をするのが終わると、サウンドプロセッサは自動的に病院の先生が設定したプログラムに戻ります。

    オートテレコイル: ワイヤレス技術を活用することにより、Nucleus 6 システムでは、テレコイル対応電話を近付けるとサウンドプロセッサに内蔵されたテレコイルが自動で音声信号を検知し、受信できるため、Bluetooth®対応のヘッドセットを通してハンズフリーで通話ができます。オートテレコイルは、ネックループ型FM受信機や部屋に敷設した磁気ループシステムにも自動でリンクします。

  • どのような装用スタイルがありますか?

    Nucleus 6 システムは、常に耳に掛けて装用するため、マイクロホンを適切な位置に保つことができます。

    様々なアクセサリや機能が用意されていて、成人もお子さまもNucleus 6 システムを目立たなく装用したり、楽しく演出したりできます。

    アクセサリソケット: CP910 システムにはアクセサリソケットがあるので、テレビや携帯型音楽プレイヤーなどとケーブルで接続できます。

    自分を表現: サウンドプロセッサカバーとコイルカバーは、12種類の色とデザインをご用意しています。その日の気分や服装に合わせてお楽しみください。

    安全に装用: スナグフィットを取り付けると、サウンドプロセッサをしっかりと耳に固定することができるので、運動の際や遊ぶ時なども安心です。

  • Nucleus 6 サウンドプロセッサは、子どもにも安心ですか?

    はい。Nucleus 6 システムには、お子さまなどの安全のために3つの機能が備わっています。固定ピン付きイヤフックは、ピンを差し込んでサウンドプロセッサに固定できます。電池モジュールは、プロセシングユニットから外れないようにロックできます。スタンダード型電池モジュールの保護ロック付き電池カバーは、空気亜鉛電池を簡単に取り出せなくすることができます。

    Nucleus 6 人工内耳システムのセットには、保護ロック用ドライバが含まれているので、安全のための機能をすぐにご利用になれます。

  • Nucleus 5 (CP810)のオーディオアクセサリはNucleus 6 サウンドプロセッサでも使えますか?リモートアシスタントはどうですか?

    Nucleus 5 (CP810)のオーディオアクセサリはNucleus 6 システムに対応しています。ただし、オーディオ接続ケーブルなどを差し込むことのできるアクセサリソケットがあるのは、Nucleus 6 システムではCP910サウンドプロセッサのみです。CP920サウンドプロセッサにはアクセサリを差し込むことができません。

    Nucleus 5 リモートアシスタントは、Nucleus 6 システムではお使いいただけません。両側装用者として、二側目の人工内耳システムをNucleus 6 サウンドプロセッサにし、反対側がNucleus 5 サウンドプロセッサのままである場合、Nucleus 6 システムのCR230 リモートアシスタントでNucleus 5 サウンドプロセッサを操作することができます。

  • Nucleus 5システム (CP810サウンドプロセッサ)用の充電池は、Nucleus 6 システムと組み合わせて使えますか?充電器はどうですか?

    はい。Nucleus 5 (CP810)用の充電池は、色が異なりますがNucleus 6 システムと組み合わせて使えます。Nucleus 5 (CP810)用の充電器もNucleus 6用の充電池に対応しています。(最小限の部品を買い足したい方のための、「N5装用者様用セット」もご用意しています。)

  • Nucleus 6 システムにはどんな保証が付いていますか?

    Nucleus 6 のプロセシングユニットには3年間のメーカー保証が付いています。

    保証内容についてご質問がございましたら、詳細についてカスタマーサービスにお問い合わせください。

  • 私は両側装用者ですが、アップグレードできるのは一側だけです。したがって、2台の異なったNucleusサウンドプロセッサを装用することになります。この場合、かえって聞こえにくくなりませんか?

    左右に異なったNucleusサウンドプロセッサを装用すると、初めはどんなアップグレードでも初めは違和感があるかもしれません。新しいサウンドプロセッサを装用して練習を重ねていくうちに、だんだん音質が向上してきます。たとえ一側しかアップグレードできず、反対側は今までのサウンドプロセッサのままでも、長期的に見れば聴取成績は向上するでしょう。

  • 色々なアクセサリケーブルの違いは何ですか?

    コクレアがご提供するオーディオアクセサリケーブルについて、以下に簡単にご説明します。

    Nucleus 6 オーディオ接続ケーブル: 電池で作動するオーディオ機器専用です。オーディオ接続ケーブルの一方の端をNucleus 6 システムに差し込み、もう一方の端をオーディオ機器のヘッドフォンジャックに差し込みます。

    Nucleus 6 ラペルマイクロホン: Nucleusアクセサリの中で、最も用途の多い製品の1つです。人工内耳を装用している側とは反対の方向から来る音を聴くために使うことができます。また、サウンドプロセッサのマイクロホンに問題がないかどうか確認するためにも使うことができます。

    Nucleus 6 モニタイヤホン: サウンドプロセッサのマイクロホンの音質や、アクセサリがきちんと機能しているかどうかを、健聴者が確認するために使います。

  • Aqua+(アクアプラス)やアクア アクセサリは、Nucleus 6 システムと組み合わせて使用できますか?

    はい。Aqua+やアクア アクセサリを使用する時は、必ず充電池を取り付けてください。

    Nucleus 6 システムには、コクレア社によるメーカー保証が付いています。保証書に記載された内容に従ってサウンドプロセッサを使用している限りにおいて、機械的、電気的、または水に関する原因による破損は、メーカー保証でカバーされます。

  • フォナックなどのFM補聴システムとは、どのように接続するのですか?

     

    ネックループ型のFM補聴システムは、CP910またはCP920サウンドプロセッサのどちらでも、Nucleus 6 システムの内蔵のテレコイルをオンにすることで使用できます。

  • コクレア社が互換性を検査するか、承認したFM補聴システムはありますか?子どもが現在使っているFM補聴システムと併用できる製品や併用できない製品はありますか?

    Nucleus 6 システムと組み合わせて使用できるのは、主に次の4つのタイプのFMシステムです。

    1. ユーロアクセサリ用アダプタを接続する必要のあるFMシステム(CP910サウンドプロセッサのみで使用可能)
    2. CP910サウンドプロセッサに直接接続できるFMシステム(例: ML14i)
    3. テレコイル機能の使用を必要とする、ネックループ型FMシステム(例: MyLink™)(CP910およびCP920サウンドプロセッサのどちらでも使用可能

    ネックループ型FMシステムは、プラグイン型のシステムと同じ効果をもたらしますが、いくつかの付加的な利点もあります。例えば、お子さまが人工内耳の両側装用者である場合や、一側に人工内耳、反対側に補聴器を装用している場合、両側の聴覚機器を1つのFMシステムと組み合わせて使うことができます。また、プラグイン型のFM受信機よりも価格がかなり安いことが多いです。アダプタ、ケーブルについて、または、お使いのサウンドプロセッサにどのFM受信機が対応しているかについての詳しい情報は、コクレア社にお問い合わせください。

 

 

免責事項

難聴の治療については、医師にご相談ください。難聴の状態に応じたアドバイスを受けることができます。弊社製品はすべて、医師からの指示がなければ使用できません。

国によってはご利用になれない製品もあります。 詳細については日本コクレアまでお問い合わせください。