Skip to main content

Nucleus® Smart アプリ: 聴こえトラッカー


Nucleus® 7 サウンドプロセッサは、常に聴取環境を監視し、音声がいつ発生したかを判定することができます。「音声発生時間」画面のグラフは、音声発生環境で費やした時間を追跡します。ストリーミングアクセサリ (互換性のある iPhone など) を使用している場合は、その時間も計算され、「音声発生時間」の合計に加算されます。

聴取環境で費やした時間は、聴こえへの道のりの進み具合と相関関係があります。「音声発生時間」の目標は、人によって異なり、年齢、家族や仕事の状況、道のりのどこにいるかに応じて変わります。最初「音声発生時間」を 1 週間程度追跡してから、目標を少し高めに設定し、改善したかどうかを確認することをお勧めします。

Nucleus Smart アプリ内のヒントが、「音声発生時間」の向上に役立ちます。


ご使用のサウンドプロセッサと Nucleus Smart アプリをペア設定する際、データ同期を有効にするかどうか確認されます。データ同期を有効にすると、聴こえトラッカーのデータがコクレアCloud に同期されます。データ同期が有効になっていない場合、聴こえトラッカーのデータはデバイスのみに保存され、同期されません。


「回コイルオフ」とは、特定の日に Nucleus 7 サウンドプロセッサのコイルが人工内耳から外された回数です。この回数は、コイルが意図的に外されたすべての場合 (服を着替えるときや、シャワーを浴びるときなど) のほか、意図せずにコイルが外れた場合 (つまり、誤ってたたき落とした) 場合も反映しています。送信ケーブルに問題がある場合も、「回コイルオフ」が記録されることがあります。

「回コイルオフ」の数は人によって異なり、ライフスタイルによっても変わります。自分の基準を確立することをお勧めします。毎週「回コイルオフ」の平均回数を利用することで、皆さんや皆さんのお子さんにとってどのような状態が正常なのかを理解することができます。あるいは、意図しない「回コイルオフ」がなかったもしくは最小限の回数で済んだと確信を持てる日に、「回コイルオフ」の数を記録するのもいいでしょう。この基準を使用して、今見ている「回コイルオフ」の数が通常よりも多いかどうかを判断することができます。

Nucleus Smart アプリ内のヒントは、発生する「回コイルオフ」の数を減らすための提案として役に立ちます。


Nucleus 7 サウンドプロセッサと互換性のある Apple デバイスの間の接続が失われた可能性があります。このため、この期間中に収集されたデータは不十分です。

同じことが将来発生しないように、互換性のある iPhone または iPod touch とサウンドプロセッサの両方がオンになっていること、Bluetooth® が有効になっていること、および互換性のある Apple デバイスがすぐ近くにあることを (少なくとも朝晩 1 回ずつ) 確認してください。

データを収集するには、Nucleus Smart アプリが起動している必要がありますが、必ずしもフォアグラウンドでアクティブになっている必要はありません。


いいえ、常時携行する必要はありませんが、互換性のある Apple デバイスと Nucleus 7 サウンドプロセッサの両方がオンになっており、互いに近くにあることを定期的に (少なくとも朝晩 1 回ずつ) 確認し、さらに Bluetooth が有効になっていること、Nucleus Smart アプリが互換性のある Apple デバイス上で実行されていることを確認するようにしてください。


いいえ、録音していません。皆さんのプライバシーを守ることは私達にとって大切です。Nucleus 7 サウンドプロセッサは、環境を監視し、話し声を検出しますが、音声は記録しません。


ForwardFocus とは、ユーザーが操作する機能で、聞き取りにくい環境でも音声がよく聞こえるようになります。Nucleus Smart アプリの「プログラム」タブでオンまたはオフにすることができます。

ForwardFocus をオンにすれば、背後から来るノイズを削減し、目の前で話している人の声が聞こえやすくなります。目の前で話している人との会話に集中したい場合は、この機能をオンにします。静かな場所など、この機能が必要でない場合はオフにします。


ForwardFocus は、聴覚専門家に有効にしてもらう必要があります。詳細については、コクレア社または聴覚専門医にお問い合わせください。


データ同期は Nucleus Smart アプリの機能で、サウンドプロセッサとコクレアCloud の間でデータを同期するために使用します。


データ同期を有効にすると、データを収集したすべてのデバイスから聴こえトラッカーのデータがバックアップされ、統合されます。つまり、携帯電話を紛失した場合でも、別のデバイスからログインすればデータは失われません。