Skip to main content

Nucleus® Smart アプリ: よくあるご質問


Cochlear™ Nucleus 7 (コクレア™ ニュークレアス 7) および Kanso 2 サウンドプロセッサは Nucleus Smart アプリに対応しています。


Nucleus Smart アプリは、iOS 11.0 以降を実行する iPhone 5s 以降および iPod 第 6 世代以降のデバイスに対応しています。その他の Apple デバイスで使用するようには設計されていません。互換性に関する情報は、www.cochlear.com/compatibility をご覧ください。


Nucleus Smart アプリは、Apple App Store から無料でダウンロードできます。App Store アイコンをタップし、「Nucleus Smart」で検索して選択し、Nucleus Smart アプリをダウンロードします。Nucleus Smart アプリは一部の国で利用できない可能性があり、検索結果に表示されない場合があります。


Nucleus Smart アプリをダウンロードしてインストールしたら、「DEMO モード」をタップすると、各機能についての学習を開始できます。これにより、Nucleus 7 または Kanso 2 サウンドプロセッサがなくても、Nucleus Smart アプリへの理解を深め、その機能に慣れておくことができます。

Nucleus Smart アプリでサウンドプロセッサを操作するには、コクレアアカウントの情報でログインする必要があります。コクレアアカウントをお持ちでない場合は、アプリをダウンロードした後で、「新しいアカウントの作成」をタップし、画面上の指示に従ってアカウントを作成できます。


Nucleus 7 または Kanso 2 サウンドプロセッサを最大 5 台の対応する Apple デバイスとペア設定し、すべてのデバイスに Nucleus Smart アプリをインストールできます。ただし、サウンドプロセッサは、一度に 1 台の対応する Apple デバイスとのみ接続できます。 


デモモードでは、Nucleus 7 または Kanso 2 サウンドプロセッサに接続しなくても、Nucleus Smart アプリをデモ目的で使用したり、試してみることができます。デモモードは Nucleus Smart アプリの「設定」で有効/無効にできます。


はい。対応する Apple デバイスをお子さまの Nucleus 7 または Kanso 2 サウンドプロセッサとペア設定すると、サウンドプロセッサを操作したりモニターできるため、サウンドプロセッサに触れることなく、電池残量表示を確認したり、音量を調整したり、プログラムを変更できます。

通話内容や音楽がお子さまのサウンドプロセッサにストリーミングされないようにするには、お子さまのサウンドプロセッサへの音声のストリーミングを無効にします。これを行うには、聴覚機器の「オーディオルーティング」を変更します。この設定は Apple デバイスの「設定」の「アクセシビリティ」にあります。「オーディオルーティング」設定で、「通話オーディオ」または「メディアオーディオ」で「ヒアリングデバイスを使用しない」を選択し、通話やメディアのストリーミングを停止します。これにより、お子さまのサウンドプロセッサへのストリーミングは停止しますが、Nucleus Smart アプリを介した操作は可能です。


Nucleus Smart アプリを使用してサウンドプロセッサを調整できない場合は、対応する Apple デバイスがサウンドプロセッサと正しくペア設定されていない可能性があります。

ペア設定プロセスの詳細については、ペア設定のアニメーションをご覧ください。ペア設定プロセスが正常に完了している場合は、デバイスが推奨範囲内にあり、過剰な干渉を引き起こしているものがないことを確認します。問題が続く場合は、コクレアにお問い合わせください。

 

Nucleus Smart アプリのホーム画面の右上に、電池のアイコンが表示されます。このアイコンはサウンドプロセッサの電池残量を示しています。電池アイコンをタップすると「状態」画面が表示され、サウンドプロセッサの詳細な電池残量を確認できます。この画面には、Nucleus 7 または Kanso 2 サウンドプロセッサに送られる音量レベルとサウンドプロセッサのステータスインジケータも表示されます。チェックマークが表示されていれば、サウンドプロセッサは正常に動作しています。


対応する Apple デバイスのホームボタンを 2 回押して、実行中のアプリをすべて表示します。左右にスワイプしてアプリを切り替えます。Nucleus Smart アプリが実行中なら、アプリのプレビューのいずれかに表示されます。Nucleus Smart アプリの画面のプレビューをタップしてアプリに戻り、引き続き使用します。警告を受信したり、紛失したサウンドプロセッサの位置を特定したり、聴こえの履歴機能を使用したりするには、Apple デバイス上で常にアプリを実行しておく必要があります。トラブルシューティングのためにアプリを閉じる場合は、必ずアプリを再度開いてください。


Nucleus Smart アプリは、強制的に閉じない限り停止しません。プロセッサの検索、聴こえの履歴などの機能を使用するにはアプリが実行中でなければならないため、トラブルシューティングを行う場合のみ、アプリを閉じます。アプリを閉じるには、対応する Apple デバイスのホームボタンを 2 回押して、実行中のアプリをすべて表示します。左右にスワイプして実行中のアプリを切り替え、Nucleus Smart アプリのプレビューを表示します。Nucleus Smart アプリのプレビュー画面が表示されたら、上にスワイプしてアプリを閉じます。


Nucleus Smart アプリに関する問題や疑問点が解消されない場合は、cochlear.com/intl/contact/global-offices から最寄りのコクレアオフィスまでご連絡ください。


Apple Watch 用 Nucleus Smart アプリは、対応する iPhone で実行されている Nucleus Smart アプリに接続し、Nucleus 7 または Kanso 2 サウンドプロセッサには直接接続しません。Apple Watch 用 Nucleus Smart アプリが機能するには、iPhone で Nucleus Smart アプリが実行されている必要があります。

Apple Watch は Bluetooth® を使用して iPhone とペアリングします。この Bluetooth 接続を介して、Apple Watch 用 Nucleus Smart アプリは Nucleus Smart アプリと通信できます。

Apple Watch 用 Nucleus Smart アプリで Nucleus 7 または Kanso 2 サウンドプロセッサの設定を変更すると、それらの設定は iPhone 上の Nucleus Smart アプリにすぐに反映されます。


互換性のある watchOS (Apple Watch のオペレーティングシステム) はバージョン 6 以降です。

互換性に関する情報は、www.cochlear.com/compatibility を参照してください。

Nucleus Smart アプリと Apple Watch 用 Nucleus Smart アプリの互換性は現在、米国と一部の国のみを対象としています。利用可能性の詳細については、コクレアにお問い合わせください。


iPhone が Nucleus 7 または Kanso 2 サウンドプロセッサから接続が失われると、Apple Watch 用 Nucleus Smart アプリはサウンドプロセッサを制御できなくなります。

お手持ちの iPhone で Nucleus Smart アプリを開いて、サウンドプロセッサへの接続を再確立するように要求されます。


Apple Watch 用 Nucleus Smart アプリから Nucleus 7 または Kanso 2 サウンドプロセッサを制御するには、Nucleus Smart アプリにログインする必要があります。


Apple Watch 用 Nucleus Smart アプリは、2019 年 9 月に米国とラテンアメリカで発売されました。

これらの国以外の Nucleus Smart アプリのユーザーは、Apple Watch 用 Nucleus Smart アプリを使用できません。他の市場での利用可能性は、現地の製品スケジュールに左右されます。