難聴の兆候

難聴の最初の兆候は分かりにくいかも知れません。

Older couple holding hands

聞こえの問題を一時的な病気として片付けるほうが簡単でストレスも小さいことがよくあります。 また、難聴についていろいろ調べるより、そのまま生活していく方が良いと思われるかもしれません。

難聴になると徐々に聴力が低下していく場合が多いということを知っておくことが大切です。 発見や治療が早ければ早いほど、難聴の進行を防げる可能性が高くなり、適切な治療により最善の結果を得ることができます。

次の質問のいくつかに該当する場合は、耳鼻科の先生にご相談ください。

  • 会話についていけないときがある(特に周りが騒がしい場合)。
  • 聴き返しが多くなった。
  • 人が話していることを取り違える。
  • 電話での聴き取りが難しい。
  • テレビやラジオの音量が他の人よりも大きい。
  • 会話の際、相手がつぶやいているように聞こえる。
  • 鳥のさえずりや雨音など、自然の音が聞こえにくい。
  • 会話中に相手の話していることがよく分からなくても、同意したりうなずいたりしてしまう。
  • 会話が聴き取れず、自分からその場を離れてしまう。
  • 唇の動きを見て、人が何を話しているか理解している。
  • 会話を理解することや聴くことに神経をつかう。
  • 耳鳴りの経験がある(耳の中の金属的な音、ジーという音、その他の音)。

 

あなたやあなたのお子さまに聴こえの問題があるとお考えの場合は、最寄りの病院に相談してください。

 

免責事項

難聴の治療については、病院の先生にご相談ください。難聴の状態に応じたアドバイスを受けることができます。弊社製品はすべて、病院の先生からの指示がなければ使用できません。

国によってはご利用になれない製品もあります。 詳細については日本コクレアまでお問い合わせください。