ボブの体験談

人工内耳によって、聴こえと人生を取り戻したと、ボブは言っています。

Recipient Bob miller

ボブは、人工内耳を装用すると聴こえがどの程度改善されるか、よく知らなかったそうです。 ボブは、インタビューの中で人々の声が以前と同じように聴こえるようになったときの様子、孫と電話で話すことができるようになったこと、そして以前には決して聞き取ることができなかった音を聞き取れるようになったことについて語ってくれました。ボブはこの変化を「信じられない」と言っています。 20 年ぶりに、正しくコミュニケーションを取ることができたのだそうです。 「人工内耳によって私は人生を取り戻すことができました。妻も多忙から開放されました。妻は私のためにあらゆることをしなければならなかったのです」と、ボブは話しています。  


あなたが人工内耳の装用を検討しているのなら、ボブの勇気づけられる体験談や、他の人工内耳装用者の体験談をお読みください。 私たちは、あなたと同じ立場を経験していて、質問に答えてくれ、体験に基づくアドバイスをしてくれる方々を、直接ご紹介することもできます。ボブと同じように、そうした方々からも、治療によって信じられないほど様々な面で 生活が改善されることを聞けば、あなたの不安もきっと消えていくでしょう。


 

ボブの体験談
人工内耳を装用した時、私は、いくらか聴こえるようになるのなら何でも受け入れるつもりでした。しかし、これほど良く聴こえるとは想像していませんでした。 昔の自分を取り戻すことができたのです。

Cochlear™ の人工内耳によって、私は人生を取り戻すことができました。妻も多忙から開放されました。妻は私のためにあらゆることをしなければならなかったのです。 しかし、自分が人工内耳の適応だと言われてから、色々な資料を読んだり、話を聴いたりしました。また、インターネットで調べたり、人に相談したりもしましたが、人工内耳がこんなに素晴らしいものであることを十分に伝えてくれたものは、1つもありませんでした!


みんなの声は、以前と同じように聴こえます。音入れ日から、そうあるべきだという声に聴こえました。 オージオロジストの先生によれば、音入れ日の聴こえは最も悪いはずで、機械のような音に聴こえるはずだということでした。しかし、私は2 週間もしないうちに、孫と電話で話すことができるようになりました。  本当に信じがたいことです!  私が最も好きな音は、孫の声です。


世の中には研究がたくさん発表されているのですから、私たちも調べてみるべきでしょう。 もし、聴こえがこれほど良くならなかったとしても、私は十分満足していたでしょう。つまり、役に立つかどうか試してみる価値はあるということです。うまくいけば私のように2 つ目の耳を手に入れることになるのですから。


私は、騒がしい場所で聴こえがよくなるだろうと予想していました。今は、自分がテーブルのどちら側に座っているかとか、妻のどちら側を歩いているか、ということを心配しなくてもよくなりました。ステレオの生活になったのです。耳が 2 つあるのには理由があるのですね。

音というものは、本当に素晴らしいですね。 人々とコミュニケーションを取れるということが、大切なことなのです。

 

人工内耳の音入れ後のまさに最初の晩に、家に帰って、ベランダに出てみました。すると、ある音が聞こえたので、妻に「あの音はなんだろう?」と尋ねました。  すると、妻は、「コウモリが家のまわりを飛びながら鳴いている音よ」と言いました。
そんな音は聞いたことがありませんでした。それまで一度も。部屋に戻りながら、「20年経って、やっと、君達と話ができて、君達の話していることがわかるようになったよ」と、つぶやきました。

人工内耳は本当に贈り物です。 人工内耳の装用は、今ではメガネをかけるようなものです。装用していることを忘れます。

装用していると意識するのは、人工内耳について考え始めた時だけです。しかし、いつもは、普通の生活を送っていて、気に留めることすらありません。 コクレアの人工内耳の装用は、もっと早くしていれば良かったと思います。

私は未だによくわからず、オージオロジストの先生にいつも尋ねていることがあります。「私はものすごく運がよいのでしょうか、それとも、人工内耳というものがものすごく優れたものなのでしょうか!?」

免責事項

難聴の治療については、病院の先生にご相談ください。難聴の状態に応じたアドバイスを受けることができます。弊社製品はすべて、病院の先生からの指示がなければ使用できません。

国によってはご利用になれない製品もあります。 詳細については日本コクレアまでお問い合わせください。